英語の比較級|「私よりも」はthan I ?than me ?

 

比較の文で使う‘than〜’(〜よりも)

の使い方についてのお話です。

 

「彼女は、私よりも速く走れる。」

これを英語で何と表現しますか?

 

 

①彼女は走ることができる

②より速く

③私よりも

 

という順番で

組み立てていけば

英文が作れますね。

 

作ってみましょう。

 

① 彼女は走ることができる

  She can run

「〜できる」という意味の助動詞canを使います

② より速く

  faster

‘ fast ‘の比較級 ‘ faster ‘を使います。

 

と、ここまでは良いのですが

 

問題はその次の

③「私よりも」の部分。

 

「〜よりも」と比較する対象を表す時は

thanを使いますが、その後は

どうすれば良いでしょうか。

 

than me ?

than I ??

それとも

than I can ???

 

色々思い浮かびます。

一体どれを使うべきなのでしょうか。

 

結論を言いますと

この3つ、

どれを使ってもOK!なんです。

 

 

ポイントはthanの品詞です。

than は接続詞または前置詞

辞書でthanを調べてみてください。

 

接続詞、前置詞thanについて

書かれていると思います。

 

①接続詞のthan

接続詞のthanは

比較の対象となる<節>や<句>を導きます

 

■節=主語と動詞を含み、文の一部となっている。

■句=主語と動詞を含まない2語以上の語のまとまり。

 

接続詞のthanの後には

比べる対象について

節や句の形で続くわけですね。

 

thanの後を節(主語+動詞)で続けるなら

 

「私よりも」⇨「私が走れるよりも」

 

ということで

 

than I can ( run )となります。

 

正式にはこの形ですが

動詞の部分は省略して

 

than I

 

とする場合もあります。

 

ですから

thanを接続詞として使うと

 

▶︎He can run faster than I ( can ).

 

となります。

 

②前置詞のthan

<比較級+ than+比較対象の(代)名詞(句)>

となります。

 

前置詞の後ろは

代名詞は目的格です。

 

よって

▶︎She can run faster than me.

となります。

 

 

口語では

<than me>をよく使います。

 

本日のお話はここまでです。

最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

 

英語発音指導士®️(40代女性)が主催する

英会話初心者の方専門・女性限定の教室のご紹介です。

 

「はじめて英語が楽しいと思えた!」

初心者の方に好評です。

 

➡️[教室のご紹介]

随時、体験レッスンを行っています。

どうぞお気軽にお申し込みください。

 

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、

体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

①困っておられることや目標などについてのヒアリング

②これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

③レッスン内容のご提案

④ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。