英語力ゼロからの学習法

英語力ゼロからのスタート

 

いつの日か

 

/

英語を話せるようになりたい!

 

でも、現状は・・・

 

■簡単な英単語が出てこない

■中学英文法もうろ覚え

■英語が全然聞き取れない

■英語の発音が苦手

 

そんな英語初心者の方は

何から始めると良いのでしょうか?

 

英会話初心者専門のコーチが

解説します。

 

中学英語からスタート

何をするにしろ

土台になるのは中学英語です。

 

英語力ゼロの自覚のある方は

まずはここからスタートしましょう!

 

そしてスタートしたら決して

すぐにあきらめないでください。

 

初心者の方が

英語を使えるようになるまで

 

時間がかかりますし

簡単ではありません。

 

だからといって

簡単に諦めてしまっては

せっかく進んだのに

またゼロに戻ってしまいます。

 

ですが、諦めずに

少しずつでも継続していけば

必ず成果が出ます。

 

何をするのが良いか?

英語が話せるようになるための

何か特別な方法があるように

思われるかもしれませんが

 

そういったものはありません。

 

スポーツや楽器の練習と同じで

基礎からコツコツと

です。

 

中学生向けか大人向けの

基礎英文法などのテキストを

まずは1冊、入手して進めてみてください。

音声付きの教材が良いです。

 

そして1冊をやり切ることを

当面の目標にしてください。

 

年齢は関係ない

また、年齢を理由に

あきらめる方がおられますが

とてももったいないことだと思います。

 

当然、若い方の方が

覚えが早いということは

あると思います

 

たとえ時間がかかっても

挑戦する価値のあることです。

 

どうか最初からあきらめずに

トライしてみてください。

 

ある中学生の話

とある中学1年生の子の

英語学習を一時期

サポートしていたことがあります。

 

当初の英語力は

本当にゼロ。

 

ゼロからコツコツと進めて

中3になった頃には

 

①発音やリズムはほぼ完璧

②中学英文法の基礎は完璧

③簡単な英語でのやりとり可能

 

という状態になりました。

 

一番良かったことは

正しい発音やリズム

早く身につけたこと。

 

あとから身につけるのは

とても大変です。

 

普通のことをコツコツと

その時に一緒に勉強した内容は

英文法の問題集や教科書の音読など

ごく普通のことです。

 

中学生でも大人でも

基本的にやることは

変わらないと思います。

 

進め方やペースは人ぞれぞれ。

これならできる!

というペースをつかんで

 

あとはそれを

習慣にして継続できるよう

工夫してみてください。

 

3つの大切なこと

 

その時大切にしたことは

3つです。

 

①英文法

英文法の基礎がないまま

英会話やリスニングの練習などに

挑戦することは難しいです。

 

中学英文法の基礎知識は

面倒でもまず最初に

取り組んでください。

 

英語のルールや語句の並べ方を理解し

自分で簡単な英文を作れることを

目指しましょう。

 

英文法は苦手だな、と思う方が

多いかもしれません。

 

ですが英語は

日本語とはルールが全く異なるので

そのルールを最初に知ることは

とても大切です。

 

教材選びについては

英文法の問題集は

中学生向けや大人向け

いずれもたくさんの種類があります。

 

気に入ったものを1冊見つけてください。

 

例えば

こちらの中学生向けの問題集は

説明がシンプルで語彙もやさしいので

中高生の方にも大人の方にもおすすめです。

 

単純なドリル形式で

CDまたは音声アプリで

音声を聞くことができます。

 

中1の内容は

■I am Mike.

■I am a teacher.

といった英文からのスタート。

 

CDまたはアプリの音声を使って

お手本どおりに真似をして

何度も読んでみてください。

 

歯磨き中やストレッチをしながら、

お皿を洗いながら、など

隙間時間を使うと良いですよ。

 

②発音やリズム

英語力ゼロのスタート地点から

発音やリズムを身につけることを

必ず!意識してください。

 

語学も音楽と同じで

音無しでの学習は

あまり意味がありません。

 

英文法の問題集なども

音声付きの教材を使って

 

英文をお手本の音声ごと

取り込んでいきます。

 

要は、お手本のモノマネです。

 

お手本の音声が師匠だと思って

抑揚や音の切れ目、音のつながりなど

師匠と同じように言えるまで

繰り返し練習してみてください。

 

隣の音の影響を受けて

音が変化したり

脱落したりする

といった英語特有のパターンが

少しずつ身についていきます。

 

中1レベルの平易な英文から

これを練習しておけば

後がとても楽です。

 

③英文を作る

お手本となる英文を参考に

自分で英文を作ってみましょう。

 

声に出して言ったり

ノートに書くなどして

 

自分で英文を作る経験を

重ねてください。

 

お手本の英文の

例えば主語だけを変えて

いくつか英文を作ったり

 

「自分で」英文を作ることは

英語を話す良い練習になります。

 

英語で話せるようになるというのは

自分で英文を作れるということ

 

日常会話なら

中学レベルの英文で十分です。

 

例えば次の日本語を

瞬時に英語にできますか?

 

1.彼はポケットにいくら持っていますか。(中1)

2.私は高知に行くために、昨日は朝早く起きました。(中2)

3.運動場には野球をしている少年がたくさんいました。(中3)

 

難しいなと思った方は

中学生向けの問題集にある英文で

練習を重ねてください。

 

教材は、気に入ったものを1冊見つけて

音声ごと、とことん活用してみてくださいね。

 

本日のお話はここまでです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

英語発音指導士®️(40代女性)が主催する

英会話初心者の方専門・女性限定の教室のご紹介です。

 

「はじめて英語が楽しいと思えた!」

初心者の方に好評です。

 

➡️[教室のご紹介]

随時、体験レッスンを行っています。

どうぞお気軽にお申し込みください。

 

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、

体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

①困っておられることや目標などについてのヒアリング

②これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

③レッスン内容のご提案

④ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。