初心者向け「洋書で英語学習」のポイント

 

初心者のうちから「洋書で」英語学習を!

英語学習の方法は様々ありますが

自分に合った方法で

楽しみながら進めることが

とても大切です。

 

本を読むことが好きな方なら

洋書を使った英語学習

がおすすめ。

 

洋書は初心者には難しいのでは?

と敬遠されがちですが

 

工夫をすれば

初心者の方でも楽しみながら

英語力をUP!

させることができます。

 

 

初心者の方向けに

洋書で英語学習をする時のポイント

まとめてみました。

 

①知っている話を選ぶ

中級以上になれば

知らない話であっても

読み進めることができますが

 

初心者の方は

すでに知っている話の方が

挫折せずに読み進めることができます。

 

知っている話とは

□だれもが知っている昔話

□日本の小説の英語版

□映画のストーリー

など、色々あります。

 

まずはこれらの中から探してみると良いでしょう。

 

②絵や写真が多いものを選ぶ

絵や写真が多い本を選びましょう。

理解を助けてくれます。

 

となると

こども向けの本、となってきますが

洋書初心者向けにちょうど良いのです。

 

「英語を読むことに慣れる」

ことが目的ですから内容よりも

楽な気持ちで読み進められるもの

を選んでください。

 

③声に出して読む

声に出して読むことは

とても大切です。

 

1回目は黙読

2回目以降は音読

と、必ず声に出して読んでください。

 

音声付きのものがあれば

音読の手助けをしてくれます。

 

CDや音声がダウンロードできる書籍もありますし

書籍に限らずyoutubeなどで

音声付きのものに触れることができます。

 

これらも広い意味で洋書と考えて

色々と探してみてください。

 

子供向けのストーリーでは

English Talking Book

がおすすめです。

 

誰もが知っているお話を

ゆっくり音読してくれます。

 

④書き写してみる

 

ノートなどに書き写すことも

おすすめです。

 

声に出して読みながら書き写すと

さらに英文が定着しやすくなります。

 

牧野富太郎博士の「洋書を写す」

高知県の「牧野植物園」に行ったときのこと。

 

牧野富太郎博士が

外国の植物図鑑を写したそのノートに

大きく「洋書を写す」の文字が。

 

膨大な洋書を所有し

論文は全て英語で執筆していた博士。

 

その博士は、洋書を丁寧に写しながら

研究を深めていったのですね。

 

大きく書かれた「洋書を写す」の文字が

とても印象深く、記憶に残っています。

 

ただひたすら丁寧に写す

そういった時間のかかる作業は

敬遠されがちですが

 

外国語を身につける上で

こういった作業こそ

実りをもたらすのかもしれません。

 

気に入った本の

気に入った英文を

丁寧に書き写す

ことも時には取り入れてみてくださいね。

 

今回のお話はここまでです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

英語発音指導士®️が主催する

初心者専門の英会話教室のご紹介です。

教室のHPはこちら

 

はじめて英語が楽しいと思えた!

と初心者の方に好評です。

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん

体験レッスンを経て

入会してくださっています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

 

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です