theとthatの使い分けをわかりやすく!

 

「その本読んだ?」の「その」

その本、読んだ?

 

これを英語にすると?

 

ある問題集では解答が

 

[Did you read the (that)  book?]

 

となっています。

 

すると

theとthat、どちらを使えばいいの?

と悩んでしまいますね。

 

thatは時と場合によって

「その、あの、例の」となり

theは「その」としたり

そもそも日本語にしない時もあります。

 

theもthatも日本語では

両方とも「その」とすることがあるわけですが

 

このふたつの語は

全く同じものとして

使って良いのでしょうか?

 

それともニュアンスの違いがあって

使い分けているのでしょうか。

 

このことについて

考えてみたいと思います。

 

theとthatの共通点

 

theもthatも

話し手も聞き手も知っているもの前に付ける」

という点では共通しています。

 

Did you read the/that book?

という時、この「本」は

「話し手も聞き手も知っている本」

ということですね。

 

では、theとthatは全く同じなのでしょうか。

 

theとthatの違い

theとthat についての説明で

よく目にするのが

thatがもつ「距離感

 

それは

■話し手から対象になっているものが「遠い」ところにある

■実際の距離だけではなく「心理的な距離」も含む

というものです。

 

weblio英和辞書より引用すると

■thatは空間的、時間的に自分から離れたものを指す

■離れている人(もの)をさして「その、あの」という意味

とあります。

 

that=離れている

というイメージをもつことが

ポイントなのですね。

 

Did you read (the/that) book?を再考すると

ここでもう一度

Did you read (the/that) book?

を考えてみたいと思います。

 

①Did you read the book?

theを使っていることから

お互いに知っている本について

質問している。

 

ということはわかります。

 

②Did you read that book?

お互いに知っている本について

質問している点では

①と同じ。

 

thatを使っていることから

何らかの理由で質問者がこの本に対して

距離を感じているということが伺えます。

 

今、手元にない本なのか

昔、入手した本なのか

それとも質問者があまり興味のない本なのか・・・

 

いずれにせよ

すぐそこにある感覚ではなく

 

空間的、時間的に

または心理的に離れたところにある本。

 

ということが推測できます。

 

まとめ

that は後に続くものに

心理的なのを含めて

「距離」がある時に使う

 

ということが言えます。

 

that→離れている

 

この感覚を持っておけば

色々な場面で

理解の助けになると思います。

 

本日のお話はここまでです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、

体験レッスンを経て

入会してくださっています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

 

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。