[Can I 〜?Can you〜?]違いは?解説&例文

Can I~?とCan you~?

 

「〜してもらえませんか?」人に依頼をする時や

「〜してもいいですか?」と人に許可を求める時。

 

Can から始める場合は

Can I 〜?とCan you〜?

どちらを使うのか

迷うことはありませんか。

 

例文とともに違いを解説します。

①主語に注目!

ポイントは主語のIとyou。

動作の主体は自分?それとも相手?。

ここに注目しましょう。

 

日本語では

人に依頼をする時も許可を求める時も

主語を言わないことが普通です。

 

「窓を開けてくれる?」

「エアコンをつけてもいい?」

「明日電話をかけてくれる?」

「チケットを予約してもいい?」

「コーヒーを入れてくれる?」

「おむすびに梅干しを入れてくれる?」

 

主語を言っていませんよね。

言わなくても伝わるのが日本語。

 

英語はそうではありません。

動作の主体は誰なのかをはっきりさせます。

②「〜してもらえませんか?」と相手に依頼する

相手に何かをして欲しい場合を

考えてみましょう。

窓を開けてもらえませんか?

相手に窓を開けてほしい時。

窓を開けるのは相手(you)です。

 

ですから

Can you open the window?

となります。

 

Can I〜?とすると自分が窓を開けることに!

Can you〜?例文

you(あなた)が主語ですから動作を行うのはyou(相手)です。

相手に何かをして欲しいと依頼している文です。

 

Can you come tomorrow?

明日来てくれる?

Can you wait for me here?

ここで待っていてくれる?

Can you show me your picture?

あなたの写真をみせてくれる?

Can you call me a taxi?

タクシーを呼んでもらえる?

Can you help me?

手伝ってもらえる?

Can you teach me how to play the piano?

ピアノの弾き方を教えてくれる?

③「〜しても良いですか?」と相手に許可を求める

自分が何かをしても良いか

相手に許可を求める場合を考えてみましょう。

窓を開けても良いですか?

自分で窓を開けたい時。

窓を開けるのは自分(I) です。

 

ですから

Can I open the window?

となります。

 

Can you〜?とすると

相手に窓を開けてもらうことに!

 

Can I ~?例文

I(私)が主語ですから動作を行うのはI(私)が主体です。

 

Can I have your name?

お名前を伺えますか。

Can I try this on?

試着できますか。

Can I have a cup of tea?

お茶を一杯いただけますか。

Can I help you?

手伝いましょうか。

Can I do anything?

何かしましょうか。

Can I have some water?

お水をいただけますか。

Can I ask you a question?

質問しても良いですか。

 

例文を声に出して読んだり

ご自分でも英文を作ってみてくださいね。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

英語発音指導士®️が主催する

初心者専門の英会話教室のご紹介です。

教室のHPはこちら

 

はじめて英語が楽しいと思えた!

と初心者の方に好評です。

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん

体験レッスンを経て

入会してくださっています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

24時間365日受付中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です