「チルドレン」ではない!’children’の発音のコツ

 

英語発音指導士®️が

children

の発音について解説します。

 

 

この発音、苦手なんです!

 

とおっしゃる方は多いのですが

あなたは自信を持って発音できますか?

 

苦手な方の多い

この’children’の発音のコツを

4つのポイントに分けてお話します。

一緒に練習しましょう!

 

1.childrenの発音のコツ

① ‘children’は2音節

②’chi’は口を丸くすぼめて

③’children’の‘l’と’d’の舌先の位置は同じ

④’ren’は「レン」ではない

2.childrenの発音練習

1.childrenの発音のコツ

① childrenは2音節

「チルドレン」ではない

 

英語の’children’は

カタカナの「チルドレン」

とは全く異なる発音です。

 

音の数も

「チ・ル・ド・レ・ン」

と5つではなく

「chil・dren」

と、たった2つの音(2音節)しかありません。

英語の音の数について考えるには

「音節」のことを知っておくと

理解しやすくなります。

 

音節とは?

 

音節とは何か?

を簡単にお話しします。

 

音節とは

母音(a,i,ue,o,ai,ouなど)を中心とした音のまとまり

のことです。

 

日本語では1文字=1音ですが

英語では1音節=1音です。

 

英語の単語では

音のまとまり(音節)はいくつあるのか?

いくつ母音があるのか?

ということになります。

 

childrenに母音はいくつある?

 

childrenには母音がいくつあるのでしょうか。

 

children

↑赤い部分2箇所が母音です。

 

母音が2つ

childrenは2音節

ということになります。

 

文字はたくさんあるのに音はたったの2

だなんて不思議な気もしますが

 

英語は文字数と音の数は

イコールではありません。

 

母音を中心とした音のかたまりが

いくつあるのか?

ということでカウントします。

 

さて、childrenは2音節ですから

日本語で2つの音の単語

例えば「はる」「なつ」などと

音の数が同じだと思って

練習してみると良いかもしれません。

 

 

 

また、辞書でこの単語を調べてみると

音節 chil・dren

と黒い点で音節の区切りを示してあります。

 

辞書で単語を調べる際は

この黒い点に是非注目してみて下さいね。

 

その単語は何音節なのか

そして音節の切れ目がわかります。

 

② 口を丸くすぼめたまま発音

childrenは2音節だとがわかりましたので

音節ごとに分けて見てみましょう!

 

childrenの発音記号は

[tʃíldrən]

です。

 

1音節目の[chil]の発音記号

tʃílを、さらに2つに分解します。

 

▶︎[tʃí]

 

口を丸くすぼめます

 

その状態で

「チッ」息だけの音を出します。

 

▶︎[l]

これは、母音の【 u 】の音が入らない

子音だけの音。

舌の先を前歯の裏側に軽く押し当てて

発音します。

 

「ル(lu)」ではありません。

どうかご注意を!

 

③’l‘と’d‘はなめらかにつなげて発音

次に、2音節目の

‘dren’の発音です

 

1音節目の最後の‘l’の音は

舌先を前歯の裏側に当てて発音しますが

 

2音節目の最初の‘d’の音も

舌先の位置は同じ。

 

ですから’ld’ の2つの音を

なめらかにつなげて2つで1つの音

のように発音します。

 

そして、両方とも母音が入らないことに

気をつけて下さい。

「ルド(ludo)」

ではありませんのでご注意を!

 

 

④’ren‘は「レン」ではない

‘ren’の発音記号は[rən]

[ren](レン)ではありません。

真ん中のeをひっくり返したような記号は

あいまいでぼんやりした音

なぜあいまいかというと

口をあまり開けずに発音するからです

 

そして

‘children’の’chi’は口を丸くすぼめて発音しますが

口をすぼめた状態で

最後の’ren’まで一気に発音する

曖昧な音で終わることができます!

 

 

ふだん日本語を話すとき

口の形や舌の位置など気にしていないと思いますが

 

英語を話すときはとても重要なことなので

ぜひ、意識してみてください。

必ず上手に発音できるようになります!

 

最後に、発音練習をしてみましょう。

2.childrenの発音練習

childrenの単語と例文で

発音練習をしてみましょう。

 

①children

「チルドレン」と5つの音ではなく

2つの音であることに気をつけて

口を丸くすぼめたままで発音してみましょう。

 

2回繰り返しますので

続けて読んでみて下さい。

chil + dren children

chil + dren = children

 

②例文

例文で練習してみましょう。

 

例1 Do you have any children?

お子さんはいらっしゃいますか。

 

例2 She had four children.

彼女にはこどもが4人いた。

 

ポイントは

口はすぼめたまま発音

です!

ぜひ練習してみてください。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

教室のご紹介

英語発音指導士®️が初心者の方対象に

オンライン・対面(広島市)で個人レッスンを行なっています。

教室HPはこちら

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

英語が苦手な方

発音が苦手な方

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしています!

 

[体験レッスンの内容]

①困っておられることや目標などについてのヒアリング

②これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

③レッスン内容のご提案

④ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です