photoの発音 は「フォト」ではない!

 

英語発音指導士®️が

英語の発音について解説します。

 

今回は

photo=写真

の発音です。

 

身近な語なのに

意外と発音しにくいのが

‘photo’の発音。

 

皆さんはこの単語、うまく発音できますか?

 

カタカナと同じように

「フォト」

とは発音しません。

 

pで始まっていますが

「ポト」

でもありません。

 

この単語の発音のポイントは

2つありますです。

 

 

ポイント①phの音は[p]ではなく[f]

ポイント② oの発音は[o]ではなく[ou]

 

ポイント①phの音は[p]ではなく[f]

photoの発音記号は

 

[ fóutòu ]

 

となっています。

 

‘p’の文字から始まるのに

‘p’の音はどこにもないのです。

 

‘ph’の綴りの部分の発音は

[ f ]なのです。

 

綴りと文字が一致しないということが

なかなか腑に落ちず

いつまでも苦労しますよね。

 

フォニックスのテキストなどを見ると

[ph]と[gh]の綴りは[f]の音です!

と教えてくれるのですが

(ちなみに’gh‘の綴りも’f‘の音です)

 

知れなければ[ p ]の音だと思って

当然です。

 

さて次に、

[ ph ]の部分は[ f ]の音

だと知ったとしても

 

[ f ]の発音はなかなか難しいものです。

 

‘f’は「無声音」で、「息」だけの音。

日本語にはない音なのです。

 

[ f ]の発音の仕方は

上の前歯を下唇の乾いた部分と湿った部分の境目に当てたまま

隙間から「フ〜」と息だけを漏らします。

 

この「息だけを漏らす」というのがなかなか難しいのですが、

唇の前に手のひらを当てたり、ティッシュペーパーを当てたりして練習してみて下さいね。

ポイント② oの発音は[o]ではなく[ou]

もう一つのポイントは’o’の発音。

 

綴りの上では’o’という1つの文字だけですが

音は’o’と’u’という2つの音(母音)を続けて発音します。

2つ続けるので「二重母音」と言います。

 

というわけで

もう一度繰り返しますがphotoの発音記号は

 

[ fóutòu ]

 

簡単そうに見えて、発音の面ででは、なかなか奥が深いのです。

 

おまけ:phの綴りの単語あれこれ

phは’f‘の音。

f‘の音は「フー」という「息」の音。

[ f ]の発音の仕方は

上の前歯を下唇の乾いた部分と湿った部分の境目に当てたまま

隙間から「フ〜」と息だけを漏らします。

 

ゆっくり読みますので、繰り返して読んでみて下さいね。

‘ph’の部分は’f’の音、息の音です。お忘れなく。

 

photo(写真)

② elephant(象)

③ dolphin ( イルカ)

④ enough (十分な)

⑤ alphabet(アルファベット)

 

「発音しにくいな」と思う単語に出会った時が

大きなチャンスです。

ピンチはチャンス!

 

発音が上達するヒントが隠れています。

 

その「音」にじっくり向き合ってみて下さいね。

本日のお話はここまでです。

 

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

教室のご紹介

初心者の方専門の当教室では

無料体験レッスンを随時行っております。

発音のみ、英文法のみ

など内容は個別にカスタマイズしています。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、
体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

 

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。