「チョコレート」ではない?!chocolateの発音とアクセント

チョコレートは英語で?

チョコレートは

英語ではchocolateです。

 

chocolateの発音は

カタカナの「チョコレート」とは全く異なります。

 

カタカナで表すと

チャラッt」が近いかと思います。

 

一緒に見ていきましょう。

辞書からわかることは?

発音を知りたい時はchocolateを

辞書で調べてみましょう。

色々なことがわかります。

 

chocolateの発音記号

表記の仕方は色々あります。

一例として

[tʃάk(ə)lət]

という記号で見ていきましょう。

 

母音が2種類、3箇所あることがわかります。

 

赤い字の箇所です。

[tʃk(ə)lət]

 

母音①ɑ

口を大きくあけて「あ」と発音します。

「あ」と「お」の間のような音です。

 

母音②ə

あいまい母音と呼ばれます。

口をほとんど開けずに弱くあいまいに「あ」と発音します。

「あ」とも「う」とも「お」とも取れる、あいまいな音です。

 

ひとつめの[ə]の記号には( )がついています。

この場合はとても弱く発音するか、

もしくは発音しない、

ということです。

 

最後は母音なしのt

chocolateの最後の音は

母音の[o]を入れずに子音の[t]のみの音。

音といっても{t]は息だけの音です。

chocolateのアクセント

アクセントの位置はとても重要です。

赤い文字の箇所です。

 

[tʃk(ə)lət]

アクセントの位置が目立つように

少し伸ばして読むとアクセントがつきやすいです。

chocolateの音節

辞書を見ると音節もわかります。

音節の切れ目が小さな点で表されています。

音節とは母音を中心とした音のかたまり。

 

日本語ではひとつの文字=ひとつの音ですが

英語は違います。

母音を中心にした音のかたまりが1音節です。

 

chocolateの音節は

 

choc・o・late

 

3音節、3つの音のかたまりです。

日本語の「チョコレート」は5つの音。

(伸ばし音も1つの音)

日本語では5つ、英語では3つ。

 

発音練習

発音記号、アクセント、音節がわかったところで

発音練習をしてみましょう。

 

choc・o・lateと音節に分けて読み

その後に続けchocolateと読みます。

 

 

choc・o・late

[tʃάk・(ə)・lət]

chocolate

 

ぜひ、練習してみてください!

以上chocolateの発音でした。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

英語発音指導士®️が主催する

初心者専門の英会話教室のご紹介です。

教室のHPはこちら

 

はじめて英語が楽しいと思えた!

と初心者の方に好評です。

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん

体験レッスンを経て

入会してくださっています。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

24時間365日受付中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です