「ストロング」ではない!strongの発音

 

英語発音指導士®️が

英語の発音の解説をします。

 

今回は

strongの発音

です。

 

この単語は

母音(aiueo)を含まない

子音が3つ連続する

strの音から

で始まっているため

発音はなかなか難しいです。

 

動画はこちらです⇩

 

子音strで始まる単語

’str’で始まる単語は他にも

 

string(糸)

street(通り)

 

など色々ありますが

 

いずれも

ストリング

ストリート

と、カタカナで使っている語なので

どうしても

カタカナでの読み方

の影響を強く受けてしまいます

 

カタカナ読みとの違い

では、カタカナと英語での読み方の

違いは何でしょうか?

主に2つあります。

 

違い①

カタカナ:「suto」とsとtの後ろに母音(uとo)が入る

英語  : ’st’の後ろに母音が入らない

日本語の音には

母音(あいうえお)が含まれているので

 

母音を含まない音(子音)を読む時

母音を入れて

 

suto(すと)

 

と発音してしまします。

 

‘suto’(すと)ではなく

st

 

と ’st’の部分は

息だけの発音になるのが正解です。

 

 

さらに、この音の後ろに

‘r’がくっついて

 

という発音になります。

’str’を一気に素早く発音します。

 

違い②

カタカナ :5つの音でできている

英語   :1つの音のかたまり(1音節)できてい

 

単純に考えて

カタカナの「ストロング」は

英語の「strong」の

だいたい5倍の長さになる

ということですよね。

 

音節

日本語では

文字の数=音の数

なので

 

「ストロング」は

su-to-ro-n-gu(ストロング)

と5つの音。

 

英語では

文字数と音の数はイコールではなく

母音の数

=音の数(音節)

となりますので

 

母音がいくつあるのか?

を知る必要があります。

 

そんな時に便利なのか発音記号です。

 

strongの発音記号

strong音記号は

[strˈɔːŋ]

となっています。

 

この発音記号から

2つのことがわかります。

①[ɔː](オー)という長母音を中心にした

 1つの音のかたまり=1音節であること

②[ɔː](オー)の前後に

 子音 (前に[str]後ろに[ŋ])がくっついていること

ということです。

 

[ŋ]の発音は

カタカナで表すと[グ]です。

 

さて、音の長さについて

考えてみましょう。

 

[ɔː]の音の長さをとすると

[strˈɔːŋ]の長さはどのくらいでしょうか?

・・・

・・・

・・・

 

記号が色々あるので

2から3くらい?

それとも4?5?

 

正解は

1.2

くらいだと思います!

 

1より少し長い程度。

 

たくさん文字はありますが

 

[ɔː](オー)

という長い母音の前後に

[str]と[ŋ]という子音がくっついているだけ。

 

子音は素早くサラッと発音してくださいね。

 

string(糸)

street(通り)

 

なども、発音の仕方は全く同じです!

1音節、日本語の感覚よりも

かなり短く発音します。

 

こちらもぜひ

練習してみてくださいね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

英語発音指導士®️(40代女性)が主催する

英会話初心者の方専門の教室のご紹介です。

 

「はじめて英語が楽しいと思えた!」

初心者の方に好評でです。

➡️[教室のご紹介]

 

随時、体験レッスンを行っています。

どうぞお気軽にお申し込みください。

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、

体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

①困っておられることや目標などについてのヒアリング

②これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

③レッスン内容のご提案

④ミニレッスン

pastedGraphic_1.png

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。