初心者の方におすすめの英文法テキスト|BASIC GRAMMAR IN USEの使い方

英会話初心者の方専門の英語コーチが

初心者の方におすすめの英文法テキスト

とその使い方をご紹介します。

 

ご紹介するのはこちら

BASIC GRAMMAR IN USE

です。

 

ケンブリッジ大学出版のこのテキストは

1985年の初版発行以来

シリーズ累計3200万部(!)を超える

ベストセラーです。

 

色々な種類のものがあるのですが

初心者の方にはオレンジ色の初級レベル

がおすすめです。

 

初級レベルなので

中学1年生の内容を理解しておけば

半分近くのページは取り組める

といったところ。

 

紫色のテキストは中級レベルで

語句や文法事項が一段階と難しくなります。

商品画像1

 

構成は?

 

一つのユニットが

見開き2ページの構成。

 

左ページの例文は

音声がついています。

 

右ページでは

ターゲットの文法項目を使って

英文を作る練習ができるようになっています。

 

日本の問題集よりも自由度があり

 

「こんな表現もあるんだな」

「この単語はこんな場面で使うんだな」

 

といったことに気づきながら

進めることができます。

 

英語を話すというのは

自分で英語の文を作ることですから

 

こういったテキストを使って

たくさん英文を作る練習を続けることは

大変効果的です。

 

このテキストの良い点は?

 

 

一言で言うと

良質な英文に

大量に触れることができる

こと。

 

地名や人名を含めて

実際によく使われる表現を

多く吸収することができます。

 

これは

日本の問題集ではなかなかカバーできないところです。

 

具体的に良いと思う点をいくつか挙げてみます。

①豊富な例文

unit1つ(見開き2ページ)につき

1つの文法項目を扱っています。

 

各unitの左側のページでは

扱う文法項目について

どのような状況で使うのか

簡潔に説明されています。

 

例えばunit1は

‘ am / is / are ‘ be動詞がターゲット項目です。

 

 

説明は最低限にとどめ

例文が多いのが特徴です。

 

例えばこのページには

26の例文が挙げられています。

 

この例文を是非

声に出して読んでみて下さい。

声に出して読むだけでも

とても良い練習になります。

 

②音声付き

 

 

例文の音声を聞くこともできます。

 

表紙に

with answers and ebooks(解答とebook付き)

 

または(without answers 解答無しのものもあります。

 

Includes ebook with audio(音声付きebookを含む)

 

と表記されたもの(↑)を購入されると

パソコンやスマホで音声を聞くことができます。

 

ebook、audio付きものを購入されることを

お勧めします。

 

音声は1倍速で聞くと

かなり速いと感じるかもしれませんが

速度調整ができます。

 

スマートフォンで音声を聞く場合

右下部分↑の

   -1.0+

と書かれた部分の

マイナス(ー)を1回クリックするごとに

0.9→ 0.8と

スピードを遅くすることができます。

 

スピードを早くしたい時は

プラス(+)をクリックしてくださいね。

 

パソコンで音声聞く場合

音声を流す際に

速度調節のタブが

自動的に現れますので

そちらで調整できます。

③英文作成の自由度が高い

日本の問題集と違う点は

ある程度の自由度が与えられているところ。

 

日本の問題集では

解答は一つ

求められる解答に

たどり着かなければならない

というところがありますよね。

 

そのせいか

「間違えてはいけない」

というプレッシャーが

大人になっても抜けない方は

多いのではないでしょうか。

 

ですがこちらの問題集では

自分自身のことについて表現する問題も多く

正解することよりも

 

「自分でたくさん英文を作る」

 

ことを重視して作ってあるように思います。

ある程度のガイドはありますが

基本的に

 

ここまではヒントをあげるけど

後は自分で自由に考えてね!

 

色々表現はできるよ、

自由に作ってみてね!

 

というスタンスの設問設定。

 

全くの白紙から

英文を作るのは難しくても

 

いくつか語彙が与えられていたり

豊富なイラストを頼りに

英文を組み立てていくことなら

初心者の方も無理なくできます。

 

設問の例

次のようなパターンのものが多いです。

 

・What’s happening now?

Write true sentences.

(今何が起こっていますか?適切な文を書いてください)

→現在の自分の状況を

現在進行形の形を使って文を作っていきます。

 

・Write sentences about yourself.

Use always / never / often / usually / sometimes.

(あなた自身のことについて文を作って下さい。

always / never / often / usually / sometimesを使って下さい。)

→頻度を表す副詞を使って、自分のことを表現します。

 

問題集としてはかなりのボリュームがあり

はじめは怖気付くかもしれませんが

 

英語を使えるようになりたいのであれば

英文を作る練習は必須です!

 

このやり甲斐の満点のテキスト

是非、チャレンジしてみて下さいね。

 

お話は以上です。

お読み頂きありがとうございました。

 

英語初心者の方向けの当教室の

ページです。➡️[教室のご紹介]

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、
体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

 

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。