[40代超初心者からのスタート!]英語が苦手でも話せるようになる3つのコツ

 

 

 

☑️英語に全く自信がない

☑️学生時代から英語への苦手意識が強い

☑️何から始めればよいのかわからない

 

そんな初心者40代以降の方で

ずっと苦手だった英語を今度こそ!

と一念発起して

前向きに頑張っておられるみなさんに

 

初心者の方専門の英会話トレーナーが

40代以降の初心者の方が

英語を流暢に話せるようになるコツ

をお伝えします。

 

なかなか一歩を踏み出せなかった

40代以降の大人の方であっても

 

苦手意識を克服して

英語力を少しずつ上げていき

 

英語を流暢に話せるようになることは

十分可能です。

 

決して「自分にはできない」と

思い込まないでください。

 

語学は特殊な才能ではなく

どなたでも訓練で身につくものです。

 

 

 

ですが、身につく前に挫折する方は多く

実際に実現できる方々はごく少数。

 

そして、これを実現できる方には

いくつかの共通点があります。

 

どんなことだと思いますか?

 

それは

・・・

・・・

・・・

①英語学習を習慣化できている

具体的で小さな目標を立てている

自分にもできる!と明るい気持ちで向き合っている

 

この3つです。

 

1つずつお話していきます。

①英語学習を習慣化する

初心者の方が英語を話せるようには

やらなければならないことがたくさんあります。

 

たくさんあるということは

当然、ある程度の時間がかかります。

 

そこでまず大切なのは

「何をやるか?」ではなく

 

日々の生活の中で

どの時間を英語学習にあてるか?

 

考えてることです。

仕事や家庭などで多忙な40代前後の方が

 

英語を勉強するための

まとまった時間を取れるか?

 

というと、それは多くの方にとって難しい話。

 

ですから

日々の生活の中で

 

短時間で良いので

英語に触れる時間を確保できないか?

どうすれば習慣にできるか?

 

といったことをぜひ、考えてみてください。

 

例えば

毎日5分、寝る前に英語を音読する

朝晩歯磨きの間、英語を聞く

週末に30分、英文法のテキストをこなす

通勤の車の中で、英語を聞く

月2回、英会話レッスンの時間を確保する

 

と、こんな感じです。

 

①から④なら忙しい方でも可能なのではないでしょうか。

 

無料で学習できるツールもたくさんありますので

それらを活用されるのも良いと思います。

 

ただ、年齢が40代以降というと

ちょうど仕事でも責任のある立場にあり

常に忙しかったり

体調がすぐれなかったり

色々あると思います。

そんな方は⑤のように

他者の力を借りて

 

例えば、

家では全く何もできないけれど、月2回だけはレッスンを絶対に受ける!

と固く心に決めて受講する。

 

そこでモチベーションを保ったり

やり方を学ぶ。

 

いずれの方法にしろ

短時間であっても

時間を作り、習慣にして継続することで

 

  • 英語への苦手意識が徐々に薄れていく
  • 英語を読むスピードが上がってくる
  • 英語への興味がふくらむ
  • 簡単な英文なら作れるようになる

 

などの変化は必ず見られるようになります。

 

この変化は

英語を流暢に話せるようになるための第一歩です。

 

まとめ

「英語をやり直したい!」と思ったら

「何をするか?」よりも

「いつやるか?」をまず考えてみてください。

それが決まれば継続して習慣にする。

 

次に、2つ目のコツです。

具体的で小さな目標を立てている

英語をやり直したい!と思っている方には

「いつかこうなりたい!」という理想像が

あると思います。

例えば・・・

・言いたいことをスラスラ言えるようになりたい

・海外旅行に一人で行きたい

・英語で接客できるようになりたい

・字幕なしで洋画を見れるようになりたい

・苦手だった英語を使えるようになって自信をつけたい

 

など。

こういった「理想像」を思い描くことにプラスして

もう一つ、是非やっていただきたいことがあります。

 

それが

具体で小さな目標を立てる

ことです!

 

小さければ小さいほど良いです。

 

目標を立てる→クリア

→次の目標を立てる→クリア

→また次の目標を立てる→クリア

(以後繰り返し)

 

そして少しずつ、理想像に

近づいていきます。

 

 

ただ、その理想像にたどり着くまでに

かなりの時間がかかります。

 

なぜなら相手は

日本語と共通点のない英語。

 

残念ながら

途中で挫折してしまうことも。

 

途中で挫折してストップしてしまうと

また振り出しに戻ってしまいます。

 

誰しも、振り出しには戻りたくはないですから

それを防ぐためには工夫が必要です。

 

その工夫の一つが

短期間でクリアできる目標を立てること

です。

 

あまりに大きな目標を立てると

たどり着く前に

挫折してしまう可能性が高い。

 

なるべく目標は小さく、具体的に

を心がけてみてくださいね。

 

例えば

 

  • 今日、本屋さんで英文法の問題集を1冊買う
  • 3日間、お風呂に入る前に1日1ページ音読をする
  • 1週間以内に問題集の第1章を2回解く
  • 3日で発音記号の母音だけ覚える
  • 1週間シャドーイングをやってみる
  • オンライン英会話の無料体験を今日申し込む

 

と、こんな感じです。

 

「なんだそんな簡単なこと?」

 

と思われたかもしれませんが

はじめはこのくらいが

ちょうど良いのです。

 

「ペラペラになりたい」

「スラスラ話したい」

 

といったざっくりした目標ではなく

 

簡単すぎて細かすぎるくらいの方が

ちょうど良いです。

 

それをひとつひとつ

クリアしていってください。

 

そして、クリアできたら

大いに自分を褒めてあげてください。

 

小さな目標でも

継続することは意外と大変です。

 

でも、続けられる人にならなければ

外国語を身につけることは不可能です。

 

というわけで、

英語をやり直して

いつかスラスラ話せるようになりたい方は

小さなことから1つ1つクリアしていきましょう。

まとめ

あいまいで大きな目標設定は禁止!

目標は細かく具体的に!

 

最後に、3つめのポイントです。

自分にもできる!と明るい気持ちで向き合っている

外国語を身につけるためには

 

何をどんなふうにやるのか?

という方法論ではなくて

 

結局

気持ちの問題

が一番大きいのではないでしょうか

 

「英語ができない自分に自信がない」

「何をやっても長続きしない」

「私にできるわけがない」

「若くないから今さら無理」

 

 

といったネガティブな気持ちに

引きずられたままでいると・・・

 

当然、うまくいかないですよね。

 

今まではそうだったとしても良いのです。

 

でも、これからは

「さあ、やるぞ!」とスパッと切り替えて

 

明るく前向きな気もち

できることを少しずつ進めていく。

 

 

それができる人だけが

理想の自分に近づいていくことができます。

 

50代のある方は

「英語が苦手」

という気持ちが長年氷のように固まっていた

とおっしゃっていました。

氷ですから

溶かすのは大変です!

 

でも凍ったままでは身動きがとれませんよね。

 

過去のことですから

 

その氷はさっさと溶かして

流してしまいましょう!

 

そしてどうか

明るい気持ちで前に進んでください。

そして

少しでも成長できたと感じたら

大いに自分を褒めてあげてください。

 

チャレンジしている自分を楽しんでください。

 

まとめ

苦手意識で固まっていた氷はさっさと溶かして

明るく前向きな気持ちで進む!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

英語が苦手な初心者の方専門の当教室では

体験レッスン受講者を随時募集しております。

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、

体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

 

[体験レッスンの内容]

①困っておられることや目標などについてのヒアリング

②これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

③レッスン内容のご提案

④ミニレッスン

pastedGraphic_1.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。