MENU

surprisedと surprisingの違いをわかりやすく解説!

 

英会話初心者専門のコーチが

よくあるご疑問にお答えします。

 

今回は

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

surprisedとsurprisingの

違い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

です。

 

レッスンで使用している

こちらのテキストでも扱われている内容です。

 

まず、次の空欄に

surprisedとsurprisingのどちらが入るか

考えてみてください。

 

①私は驚いた。I was (       ).

②それは驚きです。That is (      ).

③それは驚くべきニュースだ。It’s a (      ) news.

いかがでしょうか。
正解は

①私は驚いた。I was ( surprised  ).

②それは驚きです。That is ( surprising ).

③それは驚くべきニュースだ。It’s a ( surprising ) news.

となります。

 

迷ってしまった方のために

迷わなくなるヒントをお伝えします。

 

ヒント⬇️

surpriseは「(人を)驚かせる」という意味の動詞

ということです。

 

surprisingやsurprisedは

ここから派生した形容詞だと考えると

     ↗️ surprising:(人を)驚かせるような 

surprise

       ↘️  surprised:(人が)驚かされた=(人が)驚いた

 と理解できます。 

ここで先ほどの英文を

もう一度見てみましょう。

①私は驚いた=私は驚かされた

I was ( surprised  ).

②それは驚きです=それは(人を)驚かせることだ

That is ( surprising ).

③それは驚くべきニュースだ=それは(人を)驚かせるニュースだ

It’s a ( surprising ) news

 

主語が何かにいている:surprised

主語が人をかせている:surprising

ということですね。

 

また

bored(退屈している)⇄boring(退屈させる)

excited(わくわくしている)⇄exciting(わくわくさせる)

interested(興味がある)⇄interesting(興味深い)

なども同じパターンです。

 

もう一度ポイントのおさらいです。

     ↗️ surprising:(人を)驚かせるような 

surprise

       ↘️  surprised:(人が)驚かされた=(人が)驚いた

 

あなたが最近驚いた事はどんなことですか?

 

surprisingやsurprisedを使って

ぜひ、英文にしてみてください。

 

自分で文を作ることは英語を話すための

とても良い練習になりますよ!!

お読み頂き、ありがとうございました。

 

[英会話初心者専門個人レッスン}教室のご紹介

体験レッスン受講者を募集しています。

⬇️こちらから、どうぞお気軽にお問い合わせください。

pastedGraphic_1.png

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、

体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

①困っておられることや目標などについてのヒアリング

②これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

③レッスン内容のご提案

④ミニレッスン

pastedGraphic_1.png

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。