「チルドレン」ではない!’children’の発音のコツ

英語発音指導士®の森川です。

オンラインまたは対面(広島市)で

(超)初心者の女性の方を対象に

 

中学1年生レベルの基礎的な内容から発音矯正、英会話まで

お一人お一人に合わせたペースで個人レッスンを行っています。

 

体験レッスンは1時間3,000円ですが

現在は無料で行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

教室のご紹介       自己紹介

 

 

今日は、発音のお話です。

 

children

 

 

この単語、

あなたは自信を持って発音できますか?

 

レッスン中にこの単語が出てくると

上手く発音できない方が多く、

良く一緒に練習しています。

 

「この単語、苦手なんですよね〜」

とおっしゃる方は多いです。

 

そんな’children’の発音のコツを

4つに分けてお話します。

 

その後で、一緒に練習してみましょう。

 

‘children’の発音のコツ

 

① ‘children’は何音節?

②’chi‘は口を丸くすぼめて

③’children’の’l‘と’d‘の舌先の位置は同じで母音なし

④’ren‘の’e‘は曖昧な音で「レン」ではない

 

’children’の発音練習’

‘children’の発音のコツ

① ‘children’は何音節?

この単語は日本語でも

「チルドレン」とカタカナで使っていますよね。

 

英語でもそのカタカナ読みと同じ感覚で

 

「chi・ru・do・re・n」

 

5つの音で発音してしまいがち。

 

 

実際、英語ではこの単語、5つも音があるのでしょうか?

 

ということを考える前に・・・

音節

について少し説明してみたいと思います。

 

英語では

「母音の数」=「音節(音のまとまり)の数」

です。

 

日本語では

1文字=1音

ですが

 

英語では

1音節=1音

です。

 

ですから

 

いくつ音があるのか?

=いくつ母音があるのか?

 

ということです。

 

さてさて、話を戻して

 

childrenには

母音がいくつありますか?

 

少し考えてみて下さいね。

 

・・・

・・・

・・・

 

2つ?3つ?4つ?

 

正解は・・・

 

children

 

赤い部分が母音なので

母音は2つ=2音節

です。

 

そして

’l’’d’の後ろに母音はありません。

 

chilで1つの音、drenで1つの音。

 

文字は4つもあるのに1つの音だなんて

なんだか不思議な気もしますが・・・

 

日本語で2つの音の単語を挙げてみると

「はつ」「なつ」「あき」「ふゆ」

などなど。

 

これらと’children’は

音の数は同じ、長さも同じ

と思って練習してみると良いですよ。

 

また、辞書でこの単語を調べてみると

音節 chil・dren

と黒い点で音節の区切りを示してあります。

辞書で単語を調べる際は

この黒い点に是非注目してみて下さいね。

 

② ’chi‘は口を丸くすぼめて

さて

childrenは2音節

ということがわかったところで

2つの音に分けて練習してみましょう!

 

まずは、1音節目の‘chil’の練習から。

 

辞書などで発音記号を見てみてください。

 

発音記号 tʃíldrən

 

となっており、’chil’の部分の発音記号は

tʃíl

なんです。

この見慣れない記号・・・

2つに分解してみてみましょう。

 

tʃíの発音

 

口を丸くすぼめます。

 

その状態で

「チッ」

と息だけの音を出します。

 

アクセント記号がついていますので

やや長めに。

 

ここにアクセントがあるので

その後ろの音は曖昧でOKということです。

 

 

lの発音

これは、母音の【 u 】の音が入らない

子音だけの音。

舌の先を前歯の裏側に軽く押し当てて発音します。

 

③’children’の’l‘と’d‘の舌先の位置は同じで母音なし

次に、2音節目の

‘dren’の発音。

 

1音節目の最後の‘l’の音は舌先を前歯の裏側に当てます。

2音節目の最初の‘d’の音も舌先の位置は同じ。

 

というわけで

’ld’ の2つの音は滑らかにつなげて発音します。

2つで1つの音のようなイメージです。

そして、両方とも母音が入らないことに気をつけて下さいね。

 

④’ren‘の’e‘は曖昧な音で「レン」ではない

そして最後に。

 

‘ren’の発音記号は

‘rən’です。

 

真ん中のeをひっくり返したような謎の記号は

曖昧でぼんやりした、聞き取りにくい音

 

なぜ曖昧かというと

口をあまり開けずに曖昧に発音するから

 

‘children’の’chi’は口を丸くすぼめて発音しますが

 

そのまま口をすぼめた状態で

最後の’ren’まで一気に発音

すると曖昧な音で終わることができます。

 

私たちは日本語を話すとき

口の形や舌の位置などは気にしないと思うのですが

英語を話すときはそういったことに少し意識を向けると

発音が楽に、楽しくなってきます。

 

最後に、

‘children’を2つの音節に分けて読んでみますので

練習してみて下さいね。

 

‘children’の発音練習

 

口を丸くすぼめたままで発音してみて下さい。

2回繰り返しますので、続けて読んでみて下さいね。

 

chil + dren children

chil + dren = children

 

上手く発音できたでしょうか?

 

本日のお話はここまで。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、
体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です