初心者の方向け英文法|5文型がわかれば複雑な英文も簡単!

英語発音指導士®の森川です。

オンラインまたは対面(広島市)で(超)初心者の女性の方を対象に

 

中学1年生レベルの基礎的な内容から発音矯正、英会話まで

お一人お一人に合わせたペースで個人レッスンを行っています。

 

体験レッスンは1時間3,000円ですが

現在は無料で行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

教室のご紹介       森川の自己紹介

 

本日は、英語の文型についてのお話です。

英語にはいくつの文型があるのか、覚えておられますか?

・・・

・・・

・・・

そう、5つでしたよね。

たったの5つなんです。

そのことをこう解釈できます。

 

英語には5つの文型がある

つまり

語句の並べ方にはたったの5つのパターンしかない

ということは

英語はとてもシンプルな言語

 

こう考えるだけで、とても気持ちが楽なのです。

そして、「外国語としてとても学びやすい」そんな気がしてきませんか?

 

文型に関する知識は、英語を学んでいく上でとても役に立つと思います。

英語は日本語とは言葉の並べ方が異なりますので、余計にそう感じます。

文型については過去にもお話したと思いますが

今日は、「とても長くて複雑そうな」文章を見てみたいと思います。

前回、少しご紹介しましたこちらの文章。

【Steve Jobs のスタンフォード大学卒業式でのスピーチ】より。

*Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in  life.

Because almost everything-all external expectations, all pride, all fear or embarrassment or failure -these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important.

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose.

1文が長くて、一見、どういった構造なのかわかりませんよね。

知らない語句があるかもしれませんが、そこは気にせずに。

ひとます、文の要素ごとに大雑把に色分けをしてみたいと思います❢

Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in  life.

②Because almost everything-all external expectations, all pride, all fear or embarrassment or failure -these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important.

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose.

色に注目してくださいね。

すべて、

(→

となっているのがおわかりいただけると思います。

それぞれの色は、

赤は主語(S)

緑は動詞(V)

青は補語(C)

を示しています。

SVCの文型ですね。

 

赤と青の部分がとても長く、ややこしそうに見えると思いますが

 

これも

ルールに従って語句を並べているだけ

ここからは少し詳しく見てみたいと思いますので

興味のある方はお付き合い下さい。

 

①の英文の、赤い部分。

Remembering / that / I’ll be dead soon

メインはRemembering (覚えておくこと)。

では、何を覚えているかというと・・・

それはその後に続きます。

 

thatは接続詞なので・・・

 

・thatの前後の語句をつなぎます。

・thatは節(主語+動詞を含む、ミニサイズの文)を導き、「~ということを」等と訳します。

 

thatの後ろを見てみましょう。

I’ll be dead soon.

 

ほら、ミニサイズの文が!

文なので、主語+動詞・・・と続いています。

 

この、ミニサイズの英文の中身も色分けしてみます。

I’ll be dead soon.

主語動詞補語の順番で、これまた規則正しく並んでいます。

 

というわけで、この英文の主語の部分は

 

Remembering / that /I’ll be dead soon

覚えておくことは / ~ということを / 自分は近いうちに死ぬ

自分は近いうちに死ぬということを覚えておくことは

 

ということになります。

 

続いて、緑の部分、この英文の動詞です。

Remembering that I’ll be dead soon 

is 

the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in  life.

はbe動詞は[is]ですね。

be動詞は、be動詞の前後を「=(イコール)」で結ぶ、つなぎの役割。

ですから、この英文の主語動詞の部分は・・・

 

Remembering that I’ll be dead soon 自分は間もなく死ぬということを覚えておくことは

is イコール

the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in  life.

となります。

 

イコール、の続きが気になりますね。

一体、何とイコールなんでしょう?

 

それは・・・

青コーナー補語の部分です。

the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in  life.

 

とっても長いのですが、これも規則通りです。

 

青コーナーのメインは、

 

the most important tool 最も重要な手がかり(最上級)

 

この後ろには、接続詞のthatが省略されています。

 

ですから、この後ろにまたミニサイズの英文が続きます。

ミニサイズにしては、少々長いのですが^^;

気にせず、一緒に見てみましょう。

 

「最も重要な手がかり」

ってどんな手がかり?それは・・・

 

I’ve ever encountered 

私が今まで出会った (現在完了)

 

そして、更にもう少し詳しく。

 

to help me make the big choices in  life. 

人生での重大な選択を迫られた時に私を助けてくれた(不定詞)

 

このように、

どういう意味で「最も重要な手がかりなのか」を、

どんどん情報を後ろに付け足しているのがおわかりいただけたでしょうか。

このちょっと長い英文をまとめると・・・

 

Remembering that I’ll be dead soon

is

the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in  life.

 

自分は近いうちに死ぬということを忘れずにいること。

これは私が今まで人生の重大な選択を迫られたときに決断を下す、最も大きな手がかりとなってくれました。

 

という感じになります。

 

この英文のように、英語の文の構造はとてもシンプル

1文が長いと、とてもややこしそうに思えますが

そんなことはありません。

ルールに従って、順番通りに並べてあるだけです。

 

外国語として、とても学びやすい

という気がしてきませんか?

ルールがわかれば、英語は難しくないのです、実は。

 

それに比べて

日本語を外国語として学ぶことの方が、ずっと難易度が高いと感じます。

日本語をマスターしておられる方を本当に尊敬します。

 

本当は、

②と③の英文も同じ用に色分けして、解説を・・・

と思っていたのですが、もう力尽きてしまいました。

 

気になる方は是非、ご自分でも分析してみてください❢

きっと良い勉強になると思います。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

本日のお話はここまでです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、
体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です