2020年最後のレッスン

こんにちは!

初心者の方専門の英語教室を運営しております

英語発音指導士®️の森川マチコです。

________________

教室のご紹介
森川マチコの自己紹介
_____________________

 

先日12月28日は今年最後のレッスンの日でした。

今年レッスンを受講して下さった皆様、ありがとうございました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します☺️

 

zoomのお陰で、広島以外の方とのレッスンが増えた2020年でした。

 

オンラインで受講して下さる方とは

画面上でお会いするだけで、実際に会うことはないわけですが

ずっと昔からよく知っている方のような、不思議な感覚がしています。

 

*********

さて、今年最後のレッスンでは、

大阪なおみさんのCNNのインタビューを使って

音読やリスニングにチャレンジしてみました。

 

こちらは、語彙やスピードなど、かなり上級者向け。

でも、中学英語を理解していれば

少しずつなら読めて、聞き取ることは十分可能です☺️

 

というわけで、ゆっくりスピードから音読した上で、リスニングにチャレンジ。

しっかり音読していれば大抵は聞き取れます。

 

でも、一箇所だけ、どうもおかしい。

何回聞いても、

そこにはないはずの[and]の音が聞こえる

のだそうです。

 

ないはずのandが聞こえるのは、Martinbecauseの間の部分。

 

⇩こちらです。

the one that most affected me was Travon Martin because I was young

 

文字の上ではどう見てもandはありませんよね💦

 

何故なんでしょう?

音声を何度か聞いてみました。

すると、謎が解決しました〜☺️

良かったです〜☺️

 

皆さんはなぜ、andの音が聞こえたのかお分かりでしょうか?

 

・・・

・・・

・・・

それは・・・

 

大阪なおみさん、Martinの’t’の音をほとんど発音しておられないのです。

すると、最後の‘n’の音だけが残って聞こえる

この‘n’の音が、’and’の’n’のように聞こえる

あれ?

(私たちが聞き慣れた、よく知っているあの)

and‘って言っているのかな?と耳が勘違いしてしまう

 

というわけだったのです❗️

 

こういったパターンは本当によくあります。

そんな時こそ。

 

なぜ聞き取れないのかな?

なぜ聴き間違えをするのかな?

 

と、時には丁寧に掘り下げて考えてみることも大切です。

 

そして・・・

 

またその箇所をゆっくり音読する

そしてまた聞いてみる

すると正しく聞き取れる

 

と言った地道なことを積み重ねていく。

すると、耳(脳?)が徐々に外国語の音に慣れていきます。

 

私も、そうやってとっても地味なことを重ねてきたお陰で

今は英語を聞くことは楽々です♪

日本語を聞く時とあまり変わらず、ストレスなく英語の音が入ってきます。

 

英語を聴けるようになるたい方に、この地味な方法、おすすめします☺️

地味メソッドですね。

 

本日のお話はここまでです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

また来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

・教室のHPはこちらです

 

**************
無料体験レッスン(対面・オンライン)
を随時行なっています。

現在、受講して頂いている方は皆さん

体験レッスンを経て入会してくださっています。

英語学習でお困りの初心者の方、

どうぞお気軽に無料体験レッスンにお申し込み下さい。

お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です