初心者の方向け英会話:話すのが苦手な方はまずは「書く」ことから

こんにちは☺️

 

英語発音指導士®️の森川マチコです。

::::::::::

教室のご紹介
森川マチコの自己紹介

:::::::::::

 

広島で初心者の方対象の英会話教室を運営しています。

【zoomで無料体験レッスン実施中】

 

☑️中学英語からやり直したい方

☑️一人ではなかなか英語学習が進まない方

 

こちらから⇩どうぞお気軽にお申し込みください。

 

 

さて、本日のお話は

「書く」
ことについて。

 

英語を話すことが苦手な方に私がおすすめしているのは、

英文を「書く」ことです。

英文日記や英文手紙などですね。

たった一行のLINEメッセージなどでも良いです。

 

「話す」ことも「書く」ことも、

«自分で文を作る»

という点では同じこと。

 

「書く」ことなら相手がいないわけですから

緊張することもなく、好きな内容で、マイペースでできますよね。

 

英語が口から出てこない理由の一つに

そもそも自分で文を作った経験が少なすぎる

ことが挙げられると思います。

 

「人はやったことしかできるようにならない」

と、どなたかがおっしゃっていましたが

 

自分で文を作る経験を増やしていくことで、

英語を話すことも徐々にできるようになると思うのです。

 

そして、自分で英文を作るためには

中学で学ぶ英語のルールは最低限、知っておく必要があります。

(ここ↗️に自信のない方は、是非無料体験レッスンにお申し込み下さいね♪)

 

 

☑️英語を話すことが苦手

☑️英語を話すことに自信がない

 

そんな方にとって、「書く」ことはとても良い練習になるんですよ。

 

では、次に「書く」時のポイント。

 

初心者の方、英語が苦手な方が英文を書く時。

どんなことに気をつけて書くと良いと思われますか?

・・・

・・・

・・・

 

色々あると思いますが、

例えば

 

☑️いきなり立派な英語を書こうとしない

☑️今の自分の力に見合ったもので良い

☑️「正しく書く」よりも「書く経験を増やす」つもりで

 

などではないでしょうか。

 

以上のように考えておりますので、

レッスンを受講いて頂いている方に

「簡単なことから描いてみませんか?」

とおすすめして、英語で手紙や日記など、自由に書いて頂いています。

 

パソコンで打ち込んだものをメールで送って頂いたり、

⬇️LINEで手書きのものを写真に撮って送って頂いたり。

こんな感じです。

添削させて頂いてお返ししています。

添削する方も色々考えたり、調べたりして一緒に勉強させて頂いています。

 

簡単な英文なら、中1の英文法を理解していれば書くことができますよ♪

 

「中学英語を完璧にマスターしてから」

「もっと英語に自信がついてから」

 

と先延ばしにするよりも

今の英語力で良いので、

どんどん英文を作る練習をしておいた方が

早く英語を話せるようになります。

 

ということで

「英語で文章を描いてみませんか?」

というご提案でした。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

zoomで無料体験レッスンを随時行なっています。

今年度は12月28日まで。

こちらから、お気軽にお申し込み下さい。

お待ちしています⇩

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です