beとbecomeの違いは?|初心者の方向け英文法

英語発音指導士®の森川です。

オンラインまたは対面(広島市)で(超)初心者の女性の方を対象に

 

中学1年生レベルの基礎的な内容から発音矯正、英会話まで

お一人お一人に合わせたペースで個人レッスンを行っています。

 

体験レッスンは1時間3,000円ですが

現在は無料で行っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

教室のご紹介       講師自己紹介

 

今日のお話は

[ be ] と[ become ]の違いについて

 

「私は将来、〇〇になりたい」

 

と英語で言いたい時、

どのように表現されますか?

・・・

・・・

・・・

 

恐らく、

I want to be a 〇〇.

または、

I want to become a 〇〇.

このどちらかではないでしょうか?

 

この[ be ]と [ become ]は全く同じ意味なのでしょうか?

それとも何か違いがあるのでしょうか?

 

といったご質問を先日、受講者の方から受けたので

色々と調べてみました。

I want to be a 〇〇.

I want to become a 〇〇.

 

両方とも日本語で表すと

「私は〇〇になりたい」

と全く同じですね。

 

ですが

英語の[ be ]と [ become ]にはニュアンスの違いがあります。

 

それは・・・

 

beは「状態」を表す→「〜の状態である

            一定期間、その状態が続いていくイメージ

becomeは「変化」を表す→「ある状態に変化する

            変化することに焦点が当てられている 

[例文で考えてみてみましょう]

I want to be a singer.
I want to become a singer.
↑この2つの英文は、日本語にするとどちらも
「私は歌手になりたい
で同じなのですが少し意味合いが異なります。
その違いはお分かりでしょうか?

👉 I want to be a singer.

( 歌手である状態であることを望む:
 ある程度長い期間、歌手でいたい)

👉 I want to become a singer.

  (今は歌手ではないが、将来歌手である状態に変化したい
 変化に焦点を当てているので、歌手になってみたいけれど
 歌手として活動したいのは短期間だけなのかもしれないし
 歌手になった後のことまではこの文だけではわからない)
違いがお分かり頂けたでしょうか?
ポイントを繰り返しますね。

※beは「状態」を表す→「〜の状態である

            一定期間、その状態が続いていくイメージ

 

※becomeは「変化」を表す→「ある状態に変化する

                変化することに焦点が当てられている

 

このことをイメージとして持っておかれると良いと思います。
というわけで・・・
英語の単語は、意味を一つ一つ覚えるよりも、

「イメージ」をつかんでおく方がずっと役に立ちます。

前置詞(in, onなど)や

基本的な動詞(have,take,come等)において

特にそう感じます。
イメージをつかんでおくと
なぜこの単語が使われているのかが
とってもよく理解できるんです。
英文を作ったり、読んだりする時、とても助けられます。
今回ご説明した[ be ]や[ become ]といった基本的な単語ほど、
是非、イメージをつかんでおいてくださいね。

 

本日のお話はここまでです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、
体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です