「前置詞が聞き取れない」のはなぜ?

こんにちは!

初心者の方専門の英語講師・英語発音指導士®

もりかわです。

=================

みなさんは、英語を聞く時、

・at

・with

・on

などの

「前置詞」が聞き取れない!

そんな経験をされたことはありませんか?

 

なぜ、「前置詞」は聞き取れないのでしょうか?

簡単な単語なのに、なぜなのでしょう?

 

  「英語力がないから❓」

 

いえいえ、そうではありません。

 

聞き取れない原因、

それは・・・・

 

ネイティブの方も、

(恐らく)大多数の非ネイティブの方も

英文の中では、前置詞を

👉曖昧【適当】に発音しているからです。

曖昧?

適当?

例を見てみましょう❢

👉 I went to lunch with my friends .

ポイントは2つ。

①前置詞は、曖昧に弱く発音❢

前置詞: to , with

②前置詞句(前置詞+名詞)は一息で❢

前置詞句: to lunch  ,  with my friends

========

動画はこちらから♪

 

 

繰り返しますが、

前置詞は曖昧に、弱く発音しているのです。

他の語に比べて、重要度が低いから。

だから、

聞き取れなくて当たり前なのですね。

=========

今日からは是非、英語を読む時

前置詞が出てきたら、

 

①曖昧に、弱く発音
②前置詞句を一息で区切らずに読む

ことに注意してくださいね❢

 

そうすると、

前置詞のような曖昧に発音する語も

聞き取れるようになってくるのです❢

========

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

zoomまたはskypeにて、無料体験レッスンを実施中です。

発音のチェック学習方法のご相談など、お気軽にお申し込み下さい。

お待ちしています。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です