英語の発音を良くする3つのポイント①

こんにちは!皆様、いかがお過ごしですか?

初心者の方専門の英語講師・英語発音指導士®の森川です。

 

☑英語の発音に自信のない方

☑練習しても上手に発音できない方、

☑発音解説の動画などを見てもよく理解できない方等

 

英語の発音に関して、色々とお悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

そこで今回は、


 「英語の発音を良くするには、結局どうすれば良いのか?」

を冷静に考えてみたいと思います。

お役に立てれば幸いです。

 

ポイントは3つ。

 

①日本語と英語の音は全く異なる音であるということを「知る」

お手本となる音をたくさん「聞く」そして「真似をする」

③発音練習をする際は「大げさに」「形から入る

 

ひとつずつ説明していきます!

①日本語と英語の音は全く異なる音であるということを「知る」

どなたでも、当然、母語である日本語の影響を強く受けた状態で、

英語の音を発音します。

母語のフィルターを通して、英語の音を聞いたり、発したりします。

 

たとえば、【 V 】の発音。

英語の発音の知識がない場合、

日本語の「ばびぶべぼ」の音と、「まあだいたい同じかな?」

と適当に発音してしまうと思うのです。

 

私もそうでした。

 

value 】は「リュー」

view 】は「ュー」

very 】は「リー」

vegetable 】は「ジタブル」

vocabulary 】は「キャブラリー」

 

という具合。

 

しかし英語の【 v 】と日本語の「ば行」の音は全く異なる音。

違う音なので、当然音の出し方が違う。

 

まずは、「日本語とは違う音なんだな」と「知る」ところからスタートです!

 

日本語と英語の音は全く異なる音であるということを「知る」。

 

知れば、英語の音が正しく身につく日も近いです!

 

次回は、2つ目のポイントを説明していきます。


無料体験レッスンやご質問はこちらから。

無料体験レッスンは、zoomまたはskypeにて、実施中です。

発音のチェックや学習方法のご相談など、お気軽にお申し込み下さい。

お待ちしています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です