英語は「ある日突然」話せるようになるのか?

こんにちは!お読み頂きありがとうございます。

皆様は、お気に入りの雑誌がありますか?

私は、「暮しの手帖」!!

読む、というよりもむしろ、眺めるのが好きです。

さきほど、バレリーナの森下洋子さん(広島出身の方ですよね)の書かれた文章を読んでいて、「なるほど~」と思った記事があったので御紹介します。

バレエのレッスンを1日に5,6時間されているそうなのですが、

そのことについて、こうおっしゃっています。

バレエって、ある日突然できるようになるものではないんです。時間をかけて、やっと、できるようになる。繰り返しやっていれば、必ずできるようになるということも、身体でわかっています。人と比べて競争するものではないし、コンクールだけがバレエではありません。」

この太字の箇所、色々なことに置き換えられませんか?

私は、「バレエ→英語

だな~と。

コンクール」は・・・「英会話」かな。

「英会話」だけが脚光を浴びていますが、話すことよりも、日本にいるとむしろ、「読む」ことや「聞く」ことの方が大切ではないかと。

読めて聞ければ、世界中の情報を知ることが出来ますからね。

「話す」ことは後からついて来るので、話すことだけを取り上げなくても良いと思うのです。

皆さんなら、何に置き換えますか?

是非教えて下さいね♪

こちらも合わせてもお読み下さい。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です