英訳するなら、○○が大切

只今、知り合いの方の依頼で、とある体験記を英訳しています。

google翻訳のお助けも借りながらなので、時間はさほどかからない。

でも、日本語をそのまま英訳すると必ずおかしなことに!

 

なぜだと思いますか?

 

それは、日本語には、とにかく「主語」を省略しているから。

日本語だと、普段おしゃべりする際、逐一主語をつけませんよね。

 

それに対して、英語は基本的に「主語+動詞」から始める。

主語」から始めるのだから、「主語」をはっきりさせることが大切

ここが大きな違いなんだな~ということに改めて気づきました。

 

日本語をそのまま英語に変換しようとすると、フリーズしてしまう、そんな経験はありませんか?

しょっぱなの「主語」が出てこないからですね。

 

英語を書くにしろ、話すにしろ、

まずは「誰・何が(主語)」「どうする(動詞)」を一番に考える必要がある。

 

学校で学んだ5文型は全て「主語+動詞」から始まっていましたよね。

おおざっぱに言うと、英語は

「主語+動詞」+「その他諸々の説明事項」

なんだと簡単に考えて、

まずは、

「誰・何が」+「どうする」

を口から出してみる。書いてみる。

そんなところから、楽に考えると良いのではないでしょうか♪

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です