英語を話せるようになりたいなら何が大切?

自分がなぜ英語が上達し、話せるようになったのか、回想してみました。

一番英語力が伸びたのは「育児休業中」。

そして、上達した理由は

私の場合(すごく個人的で偏っているかもしれませんが)、「恐怖心」。

育児休業でしばらくお休みを頂き、英語を使わないのでもちろん英語力は落ちます。

その状態でまた仕事に戻ることが恐怖だったのです。

育児中は家にいるので、赤ん坊の世話をしつつ、かなりの時間英語を聞いたり、TOEICの勉強をしたりすることができました。TOEICは育児休業中に数回受験して、800点台から最後はほぼ満点(965点)に。

何をするか、というよりもやはり、

「いつまでに〇〇できるようになりたい」

「〇〇できるようにならなければ仕事上困る」

等、はっきりした期限や目標があることが大切だと思います。

それがない状態で「いつかは英語が話せるようになりたいな」「いつかは・・・」と夢見ていても、おそらく必死にならないので、現状は変わらないかと。

もちろん、ゆっくり少しずつでいいから、楽しみながら英語を学びたい方もおられるでしょうから、そういった方はそれで良いのです。

しかし。「早く」上達したい方は、無理矢理にでも「期限」と「目標」をはっきり決めてみてはいかがでしょうか。

回想してみてそう思います。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です