英語初心者は何から始めれば良い?

初心者の方は

①中学英文法 
発音の基礎 
③トレーニング方法

を知るところからスタートです!

ここを飛ばしていきなり「英会話」のレッスンを受けるのは

少し早いです!

 

短期間で、(いわゆる)「ペラペラになる」素敵な方法があると思っていませんか?

語学習得に、魔法のような特効薬はありません

中学レベルの基礎をしっかり固めることが近道なのです。

英語に自信のない方、一緒にやり直しましょう。

①大人なのに中学英文法?

日常会話レベルの英語を使いこなすには、中学レベルの英文法と語彙で十分だとよく言われます。

ただし、「だいたいわかる」「何となく理解している」レベルでは不十分。

「自分が言いたいことを言える」ようになるには、

インプット(あいまいな部分をサッとおさらいし理解)と

アウトプット(音読や・語句を入れ替えて文を作る等)を

繰り返すことが必要です。

 

さて、苦手な方の多い「英文法」。

それは、英語の文を組み立てるためのルールです。

日本語とは異なる語順の感覚を身につけることです。

日本語(SOV型)と英語(SVO型)では、言葉の並べ方が違います

 

ルールを知らないまま外国語を身に付けようとするなんて、よく考えれば無謀ですよね?

モヤモヤしたままの部分があれば早く理解して、土台を完成させましょう。

 

学生の頃は苦手だった英文法も、大人になってやり直すと楽しく新鮮に感じるものです。

取り組みやすい書籍が本当に多数出版されています。

 

大人向け、もしくは中高生向け、いずれでも良いので、気に入ったものを1つ見つけてください。

 

中学、高校と英語の成績が悪くて、苦手意識が強いまま大人になった方でも大丈夫です。

もう一度はじめに戻ってやり直しましょう。

②発音も必要?

完璧を目指さなくてもよいと思います。

しかし、通じる発音になるためには、ある程度の練習が必要です。

個々の音や音声変化、強弱などのルールを知らないと、

相手に通じなかったり、聞き取れなかったりします。

日本語と英語は音声面で非常に距離があるため、自己流ではなかなか難しい面があります。

いくつかコツがあります。

一緒に練習していきましょう。

 

私も、自分の発音が通じなくて、うまく発音できるよう何度も練習した経験があります。

その時は音のルールは知らず、ただやみくもに練習していましたが、「ルールを知っていれば即、解決できたのに!」と思います。

よく言われるように、自分が発音できる音は聞き取れます

フォニックスや発音記号、また英語独特のリズムや強弱など、全てをマスターする必要はありませんが、

ポイントを絞って一緒に練習していきましょう。

 

③トレーニング方法って?

英語の取得は、スポーツや楽器の習得と似ている、とよく言われます。

つまり基礎練習が何よりも大切、筋トレで徐々に筋肉がついてくるのと同じ感覚です。

例えばピアノにしろ、バイオリンにしろ、本を読んで理論を理解したり、お手本を聞くだけでは弾けるようになりませんよね?

語学も同じで、理論がわかれば、あとは練習です。

当教室のレッスンでは、生徒さんが卒業後も学習を継続できるよう、トレーニング方法をレッスンの中でお伝えし、一緒に練習していきます。

一緒に練習すればどなたでも可能なものです。

いきなり英語で行うことが難しい場合は、まずは日本語で練習します。

最後に、一番大切なことは・・・

目標と期限を決めること、これが一番必要なのではないでしょうか。

いつかは英語が話せるようになれたらいいな・・・」と思っておられる方は多いかと思います。

でも、「いつか」っていつまで待ってもやって来ない。

大人の方なら経験がおありなのではないでしょうか。

 

「〇〇までに□□ができるようになる」とまずは決めてみませんか?

そして、目標が叶ったご自分の姿を想像しながら、英語学習に取り組んでみてください。

 

目標が決めることが難しい方は、例えば英検やTOEICなどに申し込んだり、ネイティブの先生とのレッスンに申し込むなど、

「お金のかかる」予定を入れてみてください。

やはり、お金をかければ、効果を出そうと頑張れるはず。

英検などでは、不合格を心配される方も多いですが、たとえ不合格となっても勉強したことで必ず力がつきますので、決して無駄にはなりません。

たくさん質問してください

レッスン中、わからないことがあれば、遠慮なくご質問ください。

こんなこと聞くのは恥ずかしい」「こんな初歩的なこと質問していいのかな?」というお気持ち、よくわかります。

私も、とある初心者向け教室に通っており、毎回質問するのにかなり勇気を振り絞っています。

初歩の初歩がわからないので、何を質問してよいのかすらわからなかったり(情けないですが)・・・

 

しかし、教える立場の人間にとっては、「質問にどう答えるか?」を考えることで鍛えられられるので、質問は大歓迎です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です