bigとlargeの違い|初心者の方向け英文法

こんにちは。

英語発音指導士®の森川です。

 

オンラインまたは対面(広島市)で

(超)初心者の女性の方を対象に

 

中学1年生レベルの基礎的な内容から

発音矯正、英会話まで

お一人お一人に合わせたペースで

個人レッスンを行っています。

 

無料体験レッスンを随時行っておりますので

どうぞお気軽にお問い合わせください。

教室のご紹介
森川の自己紹介

 

今日は、レッスン中にお受けした質問を取り上げてみたいと思います。

今日のテーマは

bigとlargeの違いについて。

 

biglargeも日本語ではどちらも「大きい」。

では、この2つの単語はどのように使い分けるのでしょうか?

 

洋服や飲み物などの「Lサイズ」の「L」=「Large」ですよね。

だから・・・

 

何となく感覚ではわかるけれど

説明するとなると難しいですね。

そんな時は、辞書で調べてみると解決することがよくあります。

手元の辞書によると

 

large →(形・広さ・規模などが○○的に)大きな

 big  → (形・広さ・規模などが△△的に)大きな

 

とあります。

さて

○○、△△に入る言葉は何だと思われますか?

・・・

・・・

・・・

正解は

〇〇は「客観

△△は「主観

です。

ということは、

 

large→一般的な基準と比べて誰が判断しても「大きな」

 big→その人の個人的な判断で「大きな」

 

ということになりますね。

 

 

レッスン中に頂く質問はとてもありがたいです。

色々と調べて考えるきっかけになり、理解が深まります。

 

同じ内容の質問を別々の方から何度も受ける

ことが度々あるので

 

このようにして調べて自分で納得しておけば

別の方にご説明する時にとても役に立つのです!

 

受講してくださっている皆さん、

わからないことがありましたらまたいつでも

何度でも質問してくださいね。

 

本日のお話はここまでです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

無料体験レッスン(対面・オンライン)受講者募集中

現在受講して下さっている方は皆さん、
体験レッスンを経て入会してくださっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

無理に入会を進めたりは致しません。

 

[体験レッスンの内容]

困っておられることや目標などについてのヒアリング

これまでの英語との関わりや学習歴などについてのヒアリング

レッスン内容のご提案

ミニレッスン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です